SNSとブログうまく使えていますか?【ブロガー必見】

「ブログSNSうまく活用していますか?」

ここ数日、色々な方々のブログを拝見させていただいていて思ったんです。

「SNSとブログうまく使っていかないと損だよね…?」

そこで今回はSNS歴早7年、小学生の時から使ってきた経験からわかることであったり他の人のブログをみていて思ったことなどを書いていきたいと思います。

Twitterをどう活かしていますか?

ブログを書く上で、「ブログ更新しました!!」とツイートするのは今や定番中の定番かもしれません。いつも見てくれているリピーターの読者さんであったり、ハッシュタグで訪れる読者さん、色々いると思います。ツイートしたことによって記事を読んでくれる、記事をクリックしてくれるようなツイートをする。これらは一種のSNS戦略だと思います。

では、逆のパターンを考えて見ましょう。ブログからTwitterに訪れるには、サイドバーのフォローボタンであったり記事下のアカウント紹介欄…アカウントへのルートは人さまざまかもしれませんがもっと増やせると思いませんか?Twitterに誘導できれば新たな人脈を構築することもできますし、意見交換や感想を聞くことだってできます。さらに言えば一緒に何かできる仲間になれる可能性だってあるんです。そこで今回は自分自身「この使い方はうまい!」とおもったことや、長年SNSを使っていて思ったことなどを簡潔にお伝えしたいと思います。

記事の要素に自分のツイートを盛り込め!

この手法をうまく使えていると上からですが思っているのは、プロブロガーのイケダハヤトさん(@IHayato)、大学生ブロガーのRikuさん(@dscrx100love)です。

僕がすごいと思ったのは以下の要素です。

凄いところ
  • 有益なツイートをしていることを伝えている。
  • 周りからの反響も併せて伝えている(FavやRT)。
  • 一つの情報媒体として利用している。

自分が普段からツイートしていることを中心に記事を仕上げていき、それに対する考えであったり周りからの意見、検証を加えていくことによって自分の体験などや考えをメイン記事にしている方はしっかりとした記事として成り立つと思います。

ツイートを記事の要素に加えるメリット・デメリット

メリット
  1. ツイートに興味を持ってくれた人が流れ易い。
  2. ブログを見て共感してくれた人が拡散してくれる。
  3. ブログからTwitterをフォローしてくれる人が増える。
  4. ツイートする段階から記事構成を考えられる。

一方でもちろんデメリットはある。

デメリット
  1. ツイートを消してしまった際に影響がある。
  2. 記事のためにも140字以内で簡潔に収める必要がある。

僕からしたらメリットの方が大きいと考えられるが、ここは自分自身でよく考えて行う必要性があるだろう。僕がここにメリット・デメリットをあげたからといってそれだけだとは限らないし、必ずしもそれがメリット・デメリットに値するかもわからない。

SNSを長年使っていて思うこと

インフルエンサーである、フォロワーから共感を得るためにはやはり短い文章で簡潔にまとめる必要性があると思う。これは割とどんな人にも当てはまることなのではないだろうか。

とにかく長ったらしくいくつかのツイートに分けて書くよりも、一つのツイートでどれだけの情報をフォロワーや他ユーザーに伝えていけるかが問われるところであると思う。一番「ん?」と思わされるのは、メモ帳アプリにとにかく何文字も書いてスクリーンショットを何枚かツイートする方式だ。

最近の謝罪系のツイートや何かの募集なんかでよく目に受けられる手法であるが、とても長く見難い上に「長くかける」という利点からまとめなければならないという肝心なところが抜けているような気がする。140字以内でいかに短く見やすく簡潔に伝えたいことが書き残せるかが真のSNS戦略であると考えるべきであるとともにどう記事内で使っていくかが注目されるべきだろう。

終わりに

どんな状況においても、あるものは有効的に使っていきたいと思う。繋がっていないようでつながっている全てのものを「なんとなく使っている」から「意味のあるものとして使っている」に変えていけたらそれに越したベストはないといえるだろうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です